Monthly Archives

One Article

blog

治験コーディネーターの友人に訴えたい切実な私の思い

Posted by xoxoaya on

私の旦那は足に水虫を飼っています。
薬は言わないと塗らないし、素足で歩こうとするので私はいつも神経をピリピリさせながら掃除しています。
3か月前に私の右手の手のひらに2か所、小さなブツブツができました。
こまめに保湿をしても治らず、かゆみを伴うので夜中にひっかいているらしく徐々に荒れた範囲が広がってきました。
市販のかゆみ止めを買うか病院に行くか悩んだ末、ネットで検索してみることに。
そして私の手荒れの症状が「手水虫」の症状に酷似していることが分かりました。
片手にできること、指の付け根にできること、長期間治らない事。
手水虫が発症するのは低確率。ですが家族に水虫患者がいると感染率は上がると書いてあり、私は自分が手水虫だと思い込んでしまいました。

帰宅した旦那を「感染したかもしれないんだけど(怒)」と責めてしまいました。
一刻も早く治療せねばと次の日皮膚科へ。
流石に近所の皮膚科は恥ずかしすぎるので、電車で一駅分離れたところにいきました。
口コミで「患者の話をよく聞いてくれる」と評判の所です。
先生「本日はどうされました?」
私「右手がみずむ…」水虫と言いかけたところで先生は私の手を見て「手荒れですね」と断定。
口を挟む隙を与えず利き手右ででしょう?よく使う方は荒れるんですよとまくし立てられました。
どこが患者の話を聞いてくれるんだ?!一方的じゃないか!と内心イライラ。
なんとか「水虫ではないですか?家族にいるんですけど」と言うと「違うと思うよー!一応見て見ます?」と返事も待たずピンセットを取り出し手の乾燥した皮膚を一部採取。
奥にある顕微鏡をみて「いないね!手荒れですね」と言い、薬を出してもらいました。

診察時間5分未満。
ほとんど私が口を開くことはなく終わりました。
もらった薬はよく効いて次の日にはジュクジュクがカサカサになっていました。
早く病院に行けばよかったなと思います。
でも、もうこんな恥ずかしい思いをして皮膚科に行きたくありません。
友人が治験看護師をしています。
こちらで病棟看護師から転職に成功したようなのですが、今度会ったら「旦那が水虫にならないような予防薬を早く出して!」とお願いしてみようと思います(笑)
<<看護師求人|治験CRCの職場の探し方コツ【※私の転職体験談】>>

水虫が感染したと決めつけて責めてしまった旦那ごめんなさい。
ちゃんとメールでも帰宅後も謝りました。